ご家族の皆様へ
医療・介護・福祉の関係者の皆様へ
高齢者住宅の運営事業者の皆様へ

高専賃(高齢者専用賃貸住宅)とは

法律の改正により、平成23年10月20日をもって高専賃の制度は廃止されました。

このページの情報は、あくまでも参考程度にご覧ください。

なお、高専賃という制度自体は廃止されましたが、高齢者住宅側がこれまでどおり「高専賃」と名乗ることは問題ありません。

高専賃(高齢者専用賃貸住宅)とは

文字どおり、高齢者だけを受け入れる賃貸住宅のことを高専賃(高齢者専用賃貸住宅)いいます。

より正確に表現しますと、「高齢であることを理由に入居を拒否することのない賃貸住宅として都道府県知事に登録された高円賃のうち、専ら高齢者を賃借人とする住宅」のことを高専賃といいます。

設備、建物、運営について「これが高専賃だ」と一定の基準を定めている制度ではありません。

適合高専賃とは

高専賃として登録されただけでは、運営者が食事や健康管理などのサービスを提供することはできません。

これらを行うと有料老人ホームとなってしまい、法律(老人福祉法)の規制に引っかかってしまうからです。

しかし、厚生労働大臣が定めるいくつかの基準(25㎡以上、各戸の設備要件、前払い家賃保全措置)を満たし、かつ都道府県知事に届出がされている高専賃は、適合高専賃として、有料老人ホームの規制を受けることなく、食事や健康管理などのサービスを提供することができます。

サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)へ

平成23年10月20日の法改正により、それまでの高専賃は、サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)または有料老人ホームに移行することが予定されています。

ご相談から入居までの流れ
住宅探し以外のこともご相談ください
高齢者住宅の選びかた
高齢者住宅の種類
医療・介護・福祉の関係者の皆様へ
高齢者住宅の運営事業の皆様へ

お気軽にお問合せ下さい!親身に対応させていただきます!023-674-8088 ご相談から入居

Copyright(C) ウチシルベ All rights reserved.