ご家族の皆様へ
医療・介護・福祉の関係者の皆様へ
高齢者住宅の運営事業者の皆様へ

任意後見

任意後見サービス

将来、高齢者ご本人が認知症になったときのために

任意後見サービスは、あなたが精神障がいのために財産を管理できなくなってしまった場合に、任意後見という制度を利用して、財産管理を代行させていただくサービスです。

法律の専門家が財産管理を代行しますので、ご家族や友人に管理を任せるよりも安心できます。

なお、High Field司法書士法人以外の個人や法人に任意後見人になってほしい場合には、任意後見契約の締結手続だけをお手伝いすることも可能です。

任意後見制度について

あらかじめ、高齢者ご本人が任意後見人の候補者と契約(任意後見契約)を交わしておき、いざ高齢者ご本人が認知症などで財産管理が難しくなった場合に、任意後見人による財産管理が開始する制度です。

「将来に備えて、後見人とあらかじめ契約しておく」という点が大きなポイントです。

どんなことをしてくれるの?

任意後見契約サービスでは、高齢者ご本人が認知症などにかかってしまい、財産管理が難しい状態になった場合に、次のようなことを行います。

  • 預貯金の通帳や印鑑を管理します。
  • 預貯金の口座から現金を引き出してお届けします。
  • 公共料金や生命保険料など、毎月の支払を代行します。
  • 権利証や生命保険証券などの重要書類をお預かりします。

どんな人が利用しているの?

任意後見契約サービスは、こんな方にご利用いただいています。

  • 最近、高齢者本人の判断能力が衰えてきているような気がする。
  • もし高齢者本人の判断能力がなくなっても、自分らしく生活してほしい。
  • 判所が選ぶ見知らぬ人より、信頼できる人に財産管理を任せたい。

財産管理代行サービスとの違いは?

財産管理代行サービスは、判断能力に全く問題がないけれども、いろいろな理由から自分で財産管理をすることが難しい場合にご利用いただくサービスです。

これに対して、任意後見サービスは、将来的に判断能力が衰えてしまったときのために、契約によって財産管理の準備をしておくサービスです。

つまり、財産管理代行サービスは「現時点での」財産管理を代行するものであるのに対して、任意後見サービスは「将来、認知症になってしまった際の」財産管理を代行する点が異なります。

High Field(ハイフィールド)司法書士法人に財産管理を任せるメリットは?

手間がかかりません。

お金をおろしたり、公共料金の支払のために銀行に行ったりするのは、意外と時間がかかり、面倒なものです。

High Field司法書士法人に任意後見をお任せいただいた場合、こうした手間がかかりません。

管理が正確です。

法律専門家である司法書士がしっかりと管理しますので、公共料金や税金の支払を忘れるようなことはありません。

使い込みがありません。

ご家族が任意後見人になった場合に意外と多いのが、高齢者の財産の使い込みです。

任意後見人は、本来は高齢者ご本人のために財産を管理しなければならないのですが、多額のお金に目がくらみ、自分のために高齢者の財産を使ってしまうケースが多いのです。

費用はどれくらいかかるの?

任意後見サービスの料金は、契約時に税抜き50,000円~、その後の管理で毎月10,000円~となります。

お任せいただく財産の種類、財産の額、ご自宅への訪問回数などによって料金が変わってきますので、詳しくは当センターまたはHigh Field司法書士法人にお問い合わせください。

財産管理でお悩みなら、司法書士による無料面接相談をご利用ください。

High Field司法書士法人では、月曜から土曜、9:00~20:00の間で財産管理に関する無料面接相談を開催しております。

ご相談のみでも結構ですので、お気軽にご利用ください。

※ 事前のご予約が必要です。
※ 電話でのご相談はお受けしておりません。

ご相談から入居までの流れ
住宅探し以外のこともご相談ください
高齢者住宅の選びかた
高齢者住宅の種類
医療・介護・福祉の関係者の皆様へ
高齢者住宅の運営事業の皆様へ

お気軽にお問合せ下さい!親身に対応させていただきます!023-674-8088 ご相談から入居

Copyright(C) ウチシルベ All rights reserved.